>  > 私の中のナンバーワンピンサロ嬢です

私の中のナンバーワンピンサロ嬢です

雑居ビル2階の受付けで女の子の指名の有無を聞かれてフリーを伝えてセット料金を支払います。ボックス席に案内されて2分もしないうちにピンサロ嬢の登場です。ものすごく小柄で150センチもないのでは、なんて感じの女の子で幼い系でちょっと危険な香りもしましたけど、二十歳は超えているから、なんてこっちが聞きもしないのにはっきりと宣言してくれました。そんなミニモニサイズの女の子ですが、私のちんぽが根っこまですっかりおさまるくらいのディープスロートですよ。単に私のちんぽの力不足かもしれませんけど、根っこまで咥えられるのは新鮮な感覚でちょっと突いてみると喉の奥に当たるのがとても気持ちよかったので、思わず突きまくってしまって女の子の喉の奥のほうまでザーメンを大量に発射してしまって、さすがに女の子も苦しそうでしたけど、ものすごくがんばってくれました。この女の子はとてもいいので、私の中のお気に入り登録ナンバーワンに認定しました。

[ 2015-10-04 ]

カテゴリ: ピンサロ体験談